日本 ユニフォーム 2018

2018 FIFAワールドカップロシアを来年に控え、世界の頂点を目指した戦いに備えるため一新された今回のホームユニフォームは、日本の伝統色である深い藍色を意味する”勝色”をコンセプトとし、ベースカラーに起用しました。 “勝色”の深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝わっています。勝色とは、かつて武将たちが戦いに挑む際身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、最も濃い色とされていました。

・背面は、最高の青空「日本晴れ」をイメージした、かつてなく明るい鮮やかなブルーを採用。歴代最高のチームと呼び声が高かったですが、グループステージ敗退。 また、日本サッカー協会の田嶋会長は、「選手たちは人々に勇気と希望と感動を、社会に活気をもたらしたいという気高い気持ちで戦ってくれるはずだ。

また、Vネック部分のVICTORY RED(ビクトリーレッド)においては、侍の着物の前あわせ部分からインスピレーションを受けた形状に、日本を象徴する日の丸の赤を配することで、世界で勝利を目指す日本を表しています。 また、必要時にはこの場所で傷病者の診療も行うことができます。 かつて日本代表は1980年代後半の横山謙三監督時代に赤ユニフォームを採用したことはありますが、それが突然2012年に再び現れました。  ユニフォームに合わせて、試合入場時に着用するアンセムジャケットも一新。

試合前の画像を載せてみましたが、キルギス戦で言われたように背番号が見にくいですね。今、こうしてメディアの方が大勢来てくださっているので、一番いい色のメダルを持って帰ってきて、ウイニングイレブンやeスポーツの魅力を伝えられたらいいなと思います」と金メダル獲得を誓った。 ユニフォームの他、日本製のサッカーソックスなどのサッカー用品も格安価格で販売中です。

ガンバ 大阪 ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です